ストレス社会を生き抜くための「活気・活力」



いつも元気で活気と活力があふれる毎日を送りたい!誰もがそう願っているのではないでしょうか?

「活気」とは、生き生きとしていて活動的な気分、心の状態のことを言います。活気・活力が低下すると、なんだか元気が出ない、やる気がわいてこない…といった状態になります。

ストレス社会と言われて久しい現代において、活気・活力を維持することは簡単ではありませんが、活気・活力を低下させないためには、

  • 運動をする
  • 気分転換に趣味や旅をする
  • 休息する
  • しっかりとした睡眠をとる
  • 規則正しい食事を摂る

ことが大切です。

 

機能性食品のススメ

それに加えて、機能性をもつ食品の摂取もおすすめします。

ストレスや疲労感を軽減する機能性成分として、クエン酸やコエンザイムQ10、ギャバ(γ-アミノ酪酸)などが知られていますが、ギャバについては、「活気・活力感の低下を軽減する」という研究結果もあります(※1)。

※1 Hokazono H.et al..,薬理と治療,44,1445-1454(2016)

 

ギャバで活気・活力感をサポート

この研究では、GABA(ギャバ)の継続摂取が、睡眠への不満やストレス、疲労を感じている人の「気分」にどのような影響を与えるのかを調査しています。調査は「気分プロフィール検査(Profile of Mood States=POMS2)」といって、気分や感情の状態を調査するために開発された方法で行います。世界的に広く使われている評価方法です。

この方法では、下記の7つの因子についてアンケートによる主観的評価をスコア化します。

【怒り〜敵意】【混乱〜当惑】【抑うつ〜落込み】【疲労〜無気⼒】【緊張〜不安】【活気〜活⼒】【友好】

「生き生きする」「積極的な気分だ」「活気がみなぎる」「活気がわいてくる」「やる気でいっぱいだ」という5つの質問に対する回答から【活気~活力】の状態を判断します。

ギャバの摂取を始めてから8週目後、摂取していない人に比べて活気・活力感の低下が軽減されたという結果が出ました。

なお、この結果は「大麦乳酸発酵液ギャバ」を摂取した当研究のみで得られたものです。

ヒト試験

睡眠の問題やストレス、疲労を感じている成人勤労者がGABA含有食品を12週間連続接種した時のストレス、睡眠の質、疲労の主観的評価への影響を二重盲検並行群間比較試験により検討。(男女勤労者を対象としたGABA含有食品摂取によるストレス・睡眠改善効果検討試験:UMIN000019308)

被験者の選択基準
  1. 年齢30歳以上60歳以下の男女
  2. 勤労者(フルタイム)
  3. 事前検査時のアテネ式不眠尺度(AIS)が6点以上の者。
  4. 事前検査時のPOMS2短縮版の「疲労-無気力」のTスコアが50点以上、且つ、「活気―活力」のTスコアが50点以下の者。
主要評価項目

ストレス:POMS2(直近1週間の気分状態を7つの尺度でスコア化)

睡眠:PSQI-j(過去1カ月間の睡眠の状態を7つの要素でスコア化)

被験者背景
項目 プラセボ群 GABA群
人数[人](男女比) 28(14/14) 27(14/13)
年齢[歳] 44.3±8.9 44.5±8.0
AIS[総スコア] 9.7±3.1 9.8±3.5
POMS2短縮版下位尺度[総スコア]
疲労―無気力(FI) 61.4±8.0 63.3±8.1
活気―活力(VA) 41.2±5.8 41.2±4.5
試験結果

規則正しい生活習慣と食事によって活気・活力のある毎日を送りましょう。

 

なお、気分が落ち込む状態がずっと続いていたり、休んでも疲労感が抜けない場合は、病気である可能性もありますのでそんな時はお医者様に相談することをお勧めします。


ライター紹介

松本真紀(まつもとまき)

食品保健指導士

外部コミュニケーション&コンプライアンス担当。
お客様のくらしにそっと寄り添う商品づくりを目指します。

 

 

こちらの記事もおすすめ
大麦乳酸発酵液ギャバとは?
たくさん寝ているのに眠いのは、鉄分不足が原因かもしれません
資源循環型青汁「GABA(ギャバ)青汁」

 

発酵大麦エキス情報ポータルサイト事務局では、月に1回当サイトの更新情報をメールマガジン形式でお送りしています。メールマガジンのご登録は以下のバナーをクリックしてください。

メールマガジン登録


関連記事